Windows/Linux 用 MPlayer フロントエンド


SMPlayer は、数々の受賞を誇る、ほぼすべてのビデオ/オーディオフォーマットの再生が可能な MPlayer のグラフィカルユーザーインターフェイス (GUI) です。 対応するフォーマットの一覧
SMPlayer は Windows と Linux で動作するルチプラットフォームです。 Qt ツールキットを使って開発されています。

MPlayer はとても便利なメディアプレーヤーですが、多くの人にとって使い難いコマンドラインアプリケーションでもあります。 SMPlayer なら、オーディオ/字幕トラックの選択、ビデオフィルターの選択、オーディオの遅延調整、再生速度の変更といった MPlayer の有用な機能が直感的なインターフェイスで簡単に利用できます。 パフォーマンスの微調整や字幕の色/フォントの変更、キーボードショートカットの変更などのオプションが利用できる詳細な環境設定ダイアログもあります。

ですが SMPlayer には YouTube 動画の再生や字幕の検索/ダウンロード、動画のプレビュー画像の作成といった魅力的な機能も備わっています。

SMPlayer の最大の特徴: 再生したファイルの設定をすべて記憶します。ですから、ムービーを観始めたけど用事ができた... なんてことがあっても、ご心配いりません。再びムービーを開いたときには、以前と同じ位置と設定環境 (オーディオトラック、字幕、音量など) で再開されます。

その他の特徴:

  • YouTube への対応。
  • 詳細な環境設定ダイアログ: ここでキーショートカットや字幕の色/フォントなどさまざまな設定の変更が可能です。
  • スキンとアイコンテーマに対応。
  • opensubtitles.org から字幕を検索/ダウンロードする機能。
  • フィルター: インターレース解除や後処理、ノイズ除去からカラオケフィルター (歌声除去) まで、数多くのビデオ/オーディオフィルターが用意されています。
  • マウスホイールによるシーク: お使いのマウスをホイールすることで、ビデオを進めたり戻したりできます。 マウスボタンもカスタマイズできます。
  • ビデオイコライザー: 映像の明るさ、コントラスト、色合い、鮮やかさ、ガンマ値の調整を可能にします。
  • 変速再生: 2 倍速、4 倍速... あるいはスローモーションで再生できます。
  • オーディオと字幕の遅延調整: オーディオと字幕の同期を可能にします。
  • 高度なオプション: デミュクサーやコーデックの選択などがあります。
  • 多様な言語対応: SMPlayer は現在スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、中国語、日本語など 30 を超える言語に翻訳されています。
  • フリーかつオープンソース: SMPlayer は GPL ライセンスの下にあります。
  • Windows XP/2003/Vista/Server 2008/7/8 で動作します。

向上した MPlayer2 への対応

SMPlayer は MPlayer2 にも対応しています。 MPlayer2 は Matroska のチャプターの再現や正確なシークといった新たな機能を備え、さらに改良の施された MPlayer のフォークです。 詳細な相違点はこちらにあります.

お知らせ MPlayer2 の開発は停止しており、mpv がその後継に位置付けられています。 なんと SMPlayer は mpv にも対応しています!

Windows 向け MPlayer バイナリ

SMPlayer の Windows 用パッケージには、MPlayer の最近のバージョンが最初から含まれています。 それよりも新しい MPlayer や MPlayer2 のビルドをお探しの場合は、redxii 氏のこれらのプロジェクトをご覧ください:


Version 18.2.2
  • Now it's possible to display subtitles with a semi-transparent background.
  • [詳細情報]
  • オプション [開く] -> [URL] が YouTube のプレイリストを読み込めるようになりました。
  • 優先するオーディオおよび字幕トラックのオプションが復活しました。
  • (mpv) direct3d が Windows 用の既定のビデオ出力になりました。一部のユーザーから gpu 出力での問題が報告されたためです。
Version 18.2
  • オーディオおよび字幕の優先言語の優先順位の一覧を使用できるようになりました。
  • YouTube プレイリストに対応しました。 プレイリストウィンドウの [読み込み/保存] アイコンをクリックし、[URL からプレイリストを読み込む] を選択して YouTube プレイリストの URL を貼り付けてください。
Version 18.1
  • YouTube 関連の修正。
Version 17.12
  • SMPlayer が Windows XP でも再び動作するようになりました (32 ビットパッケージのみ)。
  • スクリーンショットを字幕付きと字幕なしで撮るオプションが追加されました (mpv 使用時のみ動作します)。既定では Ctrl+Shift+S と Ctrl+Alt+S に割り当てられています。
  • ファイル名を 2 秒間 OSD に表示する動作が追加されました。既定では Shift+Q に割り当てられています。
  • smplayer.ini に新しいオプション osd_bar_pos が追加されました。OSD バーの位置を指定します (0 = 一番上、100 = 一番下)。
  • DVD メニューのサポートが削除されました。そもそもまともに動作したことがなかったのと mpv がずっと前から対応を打ち切っていたためです。
  • アップグレード後に情報ページを開くオプションが削除されました。
Version 17.11.2
  • KDE でグローバルメニューがアクティブなときに発生する可能性のあったクラッシュが修正されました。
  • SMPlayer が KDE でのログアウトを取り消していたのが修正されました。
  • MPRIS2 コードのシーク機能が修正されました。
Version 17.11
  • ソフトウェアのビデオイコライザーが修正されました。
  • サムネイルの生成が短い動画でより正確になりました。
  • オーディオイコライザーのオーディオの品質が改善されました。
  • オプション "全画面表示時に黒枠を追加する" が修正されました。
  • オプション "S/PDIF および HDMI 経由の AC3/DTS パススルー" が修正されました。
Version 17.10.2
  • DailyMotion、Vimeo などの youtube-dl によって処理されるストリーミングサイトで優先する品質を選択する新しいオプションが [環境設定] -> [ネットワーク] に追加されました。
  • 古いバージョンの mpv 利用者において音が出ない問題を回避するため、Linux ではオーディオイコライザーが既定で無効になりました。
  • レターボックスフィルター ('黒枠の追加' オプション) に関する問題が修正されました。
  • HDPI への対応が Windows 用ポータブルパッケージでも有効になりました。
  • SMPlayer が Qt 5 でビルドされたときにサムネイルの生成の画像で時間が正常に表示されるよう修正されました。
Version 17.10
  • 古くなったビデオ/オーディオフィルターが更新されました。
  • カラオケフィルターが再び利用できるようになりました。

重要 Linux をご利用の方は mpv の更新が必要になるかもしれません。 詳細情報.